実績

理工個別指導センターの実績についてご案内致します。

合格実績

編入学入試・大学院入試

  • 筑波大学 理工学域 応用理工学類

  • 東京農工大学 工学部 生体医用システム工学科

  • 九州工業大学 工学部 電気電子工学科

  • 熊本大学 工学部 情報電気工学科

  • 和歌山大学 システム工学部 環境デザインメジャー

  • 大阪大学 経済学部

  • 神戸大学 発達科学部

  • 京都工芸繊維大学 工芸科学部

  • ​​立命館大学 理工学部 電子情報工学科

  • 信州大学 工学部

  • ​茨城大学 理学部情報・数理コース

  • 三重大学 工学部建築学科

  • ​立命館大学大学院 工学研究科機械システム専攻 

大学入試

  • 大阪市立大学 理学部

  • ​大阪府立大学 生命環境科学域 緑地環境科学類

  • 富山大学 薬学部

  • 京都産業大学 コンピューター科学部

  • 大阪工業大学 情報学部

  • 京都産業大学 経済学部

  • 摂南大学 経済学部

  • 花園大学 社会福祉学部

  • 鳥取環境大学 経営学部

英検・TOEIC

英検

  • ​5級  (小学6年生)

  • 準2級 (中学1年生) 

  • 3級  (中学2年生)

TOEIC

  • ​1ヶ月で120点UP

合格体験記

編入学入試・大学院・学部

NEW

筑波大学 理工学域 応用理工学類・東京農工大学 工学部 生体医用システム工学科

この度東京農工大学 生体医用システム工学科、筑波大学 理工学群 応用理工学類に合格しました。この体験談は私の主観が多く含まれているので、参考程度に読んでください。

 

受験のきっかけ

現在某地方国立大学に在学しておりますが、教育方針が合わないと感じたため、レベルの高い大学で充実したキャンパスライフを送りたいと考えたため、他大学への編入を決意しました。センター試験からやり直す選択肢もありましたが、国語が苦手だったのとセンター試験の相性が悪かったため、大学で得た単位を無駄にしたくないとい理由で編入試験を受けることにしました。

 

使った参考書・過去問

  1. 公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)

  2. 世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試2 800突破レベル (KADOKAWA 関 正生 著)

  3. 編入数学徹底研究 (聖文新社 桜井基晴 著)

  4. 編入数学過去問特訓(聖文新社 桜井基晴 著)

  5. 弱点克服大学生の初等力学(東京図書 石川裕 著)

  6. 弱点克服大学生の電磁気学(東京図書 石川裕 著)

  7. すぐわかる微分方程式 (東京図書 石村園子 著)

  8. スバラシク実力がつく 複素関数キャンパスゼミ(馬場敬之 高杉豊 著)

  9. 筑波大学 応用理工学類 過去問9年分 (H24~R2)

  10. 東京農工大学 数学、物理の過去問 (H29~2020)

  11. 名工大 物理 4年分

  12. 京都工芸繊維大学 数学、物理

  13. 広島大学 数学、物理

  14. NEO現代を読む Standard 

 

その他にもTOEICの基礎勉強するにあたり参考書と単語帳を使いました。

 

勉強方法

 私は前年の9月から受験勉強を始めました。まず、理工個別指導センターで過去問解答作成と学習方法の相談をお願いしました。私は遠方に住んでいるので、全てウェブ上でのやり取りでした。受験勉強を始めるにあたり、一度先生とお話しした方が勉強する上で気が楽になるのでお勧めです。相談することで、お勧めの参考書を聞いたり、自分の学力の現状を把握することができました。先生とお話しする前はマセマの参考書を使って物理を勉強してましたが、3か月ほど空回りしている時期がありました。(先生本当にありがとうございます!)また、その後も何度か勉強が行き詰ったときなどに色々相談にのっていただきました。

 

英語の勉強法

TOEICの勉強法ですが、まず基礎の参考書、単語帳でTOEICの問題傾向をつかみました。全partを勉強した後に①を使いました。時間配分を考えながら、集中力を鍛え、本番どのような流れで解くかを把握しました。私が受験する大学の編入試験はTOEICメインではなかったので高得点にはあまりこだわらなかったのですが、②は高得点を目指す方にお勧めです。私は10月に785点取ったところで理系科目の勉強に移りました。受験の前の年にTOEICを済ませることをお勧めします。周りの点数が見えてしまいましたが、600取れれば大丈夫だと思います。農工大の英語の対策では⑭を使いました。日本語と英語の記述問題の練習ができるのでお勧めです。

英語を上達させるコツとしては英文で理解できないところを、しっかり文構成から理解した上で、すんなり頭に入るまで音読を繰り返すことだと思います。音読は軽視されがちですが、効果はあります。TOEICの点数を上げるために、反復練習と初見の文章に慣れる練習の両方に力を入れました。

数学の勉強法

編入数学徹底研究を主軸として基礎勉強しました。しかし、それだけでは不十分なので⑦と⑧を加えて勉強しました。線形代数と微積で基本が理解できてないと感じた場合、改めて勉強した方がいいと思います。④の参考書は実践練習目的で使用しました。応用問題も豊富にあるのでお勧めです! 

 

物理の勉強法

大学の授業で基礎を固めたうえで⑤と⑥の参考書を使って実践的な問題を解きました。編入試験の過去問を取り扱っているので本当にお勧めです!(誤植がなければ完璧です)1周目はどんどん解き進め、解けない問題は5~6回ほど解きなおしました。よく黄色い本を使ったとブログで見かけますが、自分には合いませんでした。また、初見の問題をさらに解きたいと思ったため、理工個別指導センターの先生に名工大の物理の問題を勧められたので解いていました。どうしてもわからない問題や解答が気になる問題は解答の作成を依頼しました。途中式などが丁寧で解答の流れを理解することができました。

 

面接について

面接では、志望理由に矛盾点がないように、なぜその大学でないといけないのか、なぜ大学院からの入学でないのかなどを意識して自力で練習しておりました。その他に自分が今まで頑張ってきたこと、将来のキャリアについて準備しておりました。受験した2校とも和やかな雰囲気の面接だったので少し拍子抜けしました。それでも本番はうまく話せなかったので、事前に先生に練習をお願いすることを強くお勧めします!

 

勉強する上でのコツ

編入試験に向けた勉強をするうえで私の感じたことについて3つ述べます。物理・数学・英語に共通する話ですが、基礎をしっかり固めたうえで、実践問題の練習をします。試験問題の傾向をつかむことに加えて、初見の問題に慣れることと反復することを両立して勉強することが重要だと考えます。また参考書を使うとき、基礎固めのためなのか、実践練習のためなのかなど、どのような目的で使用するかを意識しておりました。

情報収集についてです。ブログなどで様々な情報を目にしますが、すべてを鵜呑みにするのではなく、自分の状況に応じた情報なのかどうかを判断した方がよいと思います。休学すべきでないとよく見かけましたが、必ずしもそうではないと思います。

自己管理をするためのルーズリーフを一冊用意し、勉強計画、ミスの記録、勉強記録をしていました。計画方法ですが、勉強を始める前に大まかな流れを考えて、成功する上で障害となるものを考慮して、計画を立てるというwoopの法則を実践しました。また、計算ミスの対策としてどのようなミスをしたか、その原因は何かをまとめて、本番のミスを防ぎました。さらに、勉強のモチベーションと効率を上げるために1日で得られたポイントとなったところをまとめて、夜にざっと見返してその日1日で自分がどう成長できたかを確認しました。この方法は本当におすすめです。

 

最後に

受験は勉強時間が多ければいいというものではないと考えます。長い時間を惰性で勉強したところで学力は上がらないと思います。また、頑張ることは大事ですが、無理はせず適度に休憩することも同じくらい大事です。辛いほど報われると高校生の時思っていましたが大きな間違いだと感じました。

最後まで読んでくださり誠にありがとうございました。編入試験に合格することを心よりお祈り申し上げます。

NEW

京都工芸繊維大学院 工芸科学研究科 応用生物学専攻 合格

※他大学からの受験です。​

私は6月下旬から理工個別指導センターにお世話になりました。試験が8月19日だったので、既に2ヶ月を切っており、動くのが遅すぎたのではないかと不安でした。体験授業の日に、「週4日以上でもいいのでなんとか間に合わせたい」と話すと、担当の先生が「それだけやれば全然間に合うよ」と明るく言ってくださり心が軽くなりました。

 私の受験科目は生物と英語でした。授業では自宅で解いてきた過去問の答え合わせと、研究室訪問を経て教授におすすめしてもらった教科書であるEssential細胞生物学の読み進めを主にしてもらいました。英語では、塾の先生おすすめの問題集を宿題としてやり、授業のたびに点数を報告しました。

 どれも役に立ったのですが、特に教科書の読み進めがありがたかったです。現在通っている大学で学んできた事と分野が微妙に違うため、勉強を始めた頃は知らない事ばかりでした。1人で教科書を読んでもどれが大切な情報かわからず、頭に入りにくかったのですが、先生に「ここは絶対おぼえた方がいい」「このへんは問題解いてるうちに勝手におぼえていくはず」「ここは相当専門的な問題じゃないと問われないと思う」など、情報の重要度に差をつけてもらえたおかげで、とてもおぼえやすくなりました。質問にも嫌な顔一つせず丁寧に答えてもらえて、勉強の楽しさを思い出すことができました。

 この2ヶ月間で細胞生物学の基礎知識を身につけることができ、学校で読む論文も楽しくなりました。また、知らない事を知ること、疑問を持つことを楽しいと思えるようになり、来たる大学院生活が楽しみになりました。ここでの学びは、ただ受験に合格するためだけの学習ではなく、研究者として欠かせない知的好奇心を身につける過程にもなったと思います。

NEW

九州工業大学 工学部 電気電子工学科・熊本大学 工学部 情報電気工学科 3年次編入学試験 合格

※ 生徒さんの保護者の方に書いていただきました。

(高専より3年次編入試験 合格)

高専を選ぶときから、編入を考えての高専入学でした。
しかし、高専入学で安心したのか、成績は伸びず、席次は中間位。一年の時は42人中30番代にまで落ちた事もあり、3年次の担任から大学編入は難しいと言われました。
先ずは席次を伸ばそうと、高専専門の塾を受講したのですが、講師がアルバイト学生だったり、肝心の編入対策は対応出来そうに無いのを感じ、編入対策の出来る所を探しておりました。そんな時、理工個別指導センターさんをSNSで知り、取り寄せしたのはいいが解答がない過去問の解答の問い合わせをしたところ、丁寧な対応をして頂き、解答をいただくよりも受講する事となりました。4年の夏頃から、スカイプでの授業で、遠隔地から通う事なく自宅で、しかも時間の変更や調整などにも柔軟に対応頂き、先生の編入対策計画に基づき、先生を独り占め状態で指導頂きました。

何と言っても、
①編入試験は情報が少ない事
②対策は過去問をするしかない事
③受験対策を高専では進学校の様に手取り足取りしてくれる訳ではなく、学生の自主性による事。

なので、これを私共は理工個別指導センターの先生にカバーして頂きました。

授業内での指導は勿論の事、私保護者からの相談や質問、要望にも、丁寧に対応頂き、また、そのご回答が明瞭的確で、納得のいくものでしたので受験生と家族の心強い支えとなりました。

今年はコロナの大影響もあり、受験日が希望校二つと被ったり、急にweb受験になったりと振り回される編入試験一過でしたが、受験が近づくと、自己申告書(志望理由書)の添削、面接や口頭諮問対策もして頂き、先生が大丈夫と仰った通り、(親としては無理なんじやないかと思っていた)受験した大学に全て合格し、誠に嬉しい結果となりました。実は、もう一校受けるつもりで、アドバイスも受けていた所だったのですが、第一志望に合格させて頂きましたので、これにて目出度く終了となりました。此方も先生のお墨付きだったので、受験していたら本人の良い経験にも自信にもなったのではと今は思っております。

スカイプ授業での先生の朗らかな笑い声の中での一年間。
本人も家族も良い経験となり、良い結果が迎えられた事を感謝申し上げます。
ありがとうございました。

立命館大学 理工学部 電子情報工学科 3年次編入学試験 合格

状況

高専卒業後に受験しました。併願は九州工業大学、電気通信大学、東京農工大学を受けましたが落ちています。(この頃は独学です。)

 

受講した理由

独学での勉強に限界を感じたことと、過去問が手に入りづらかったからです。

 

授業内容

私は試験の2週間前から入試直前短期講座(5回+2回)で数学と物理の授業をSkypeにて受講しました。内容としては、授業前に過去問5年分と自分の弱点の範囲で類似した別の大学の問題をpdfで送ってもらい、それを解き答案の写真を授業までに送り、授業でその内容についての解説してもらいました。弱点の範囲は上記の通り、集中的に問題を提供してもらえますので弱点はかなり無くなりました。また、細かいところも丁寧にわかるまで教えていただき、かなりの自信がつきました。

 

試験について

科目は数学、物理、英語がありました。試験当日には数学と物理を受け、英語はTOEICのスコア提出でした。面接は無かったです。

 

会場の様子

編入学(4人)と転入学(3人)を受ける受験生が同じ教室で受験しました。同じ日に別の離れた教室で高校生を対象とした受験もあったため行きのバスは混雑していました。

 

最後に

受験者数が少ない編入学試験では過去問の入手が困難なことが多いうえに、過去問の解答も少ないです。私は理工個別指導センター様を利用することでこの悩みが一気になくなり合格にかなり近くなったと実感しました。編入学試験を受験するにあたり上記の悩みをお持ちの方、またその前の段階で学力に不安を覚える方も一度、理工個別指導センター様に相談してはどうでしょうか。

三重大学 工学部 建築学科 3年次編入学試験 合格

 

私は農学部水産学科から工学部建築学科へ学部学科を変えて編入しました。

 

1年目は他の大学編入専門予備校に通っていたのですが、集団授業だったため質問もしづらかったです。また、面接対策も専門の先生と予定を合わせなければならなかったので、結果的に十分に対策することができませんでした。

 

結局1年目は志望校に合格することができなかったですが、どうしても諦めることができず2年目も受けることにしました。そこで前年の経験から個別で指導してくれる予備校を探すことにしました。理工個別指導センターは毎回の授業でその場で浮かんだ疑問をすぐに質問できたので1年目のような不満は全くなかったです。筆記試験の対策は、まず過去問を解くことで自分の弱点を見つけて、それらの対策を重点的に行いました。これまで独学で数学を勉強していたのですが、色々と指摘してもらうことで改めて学習が足りていない部分や間違って解釈していたことなどが明らかになりました。先生も非常に話しやすく、わからないところを遠慮することなく質問できることが本当によかったです。

 

面接の対策は最初に一般的に聞かれやすい質問に対する返答を考えてから、どうして水産学科から建築学科へ編入を考えたかなどの生徒の特徴に合わせた個別で聞かれそうな質問に対する返答を考えました。面接も納得がいくまでなんども指導してくださったおかげで改めて自分の建築に対する思いを整理することができました。本番では上手に志望理由を伝えることができたと思います。また、質問事項もあらかじめ予測してもらったことが聞かれたので落ち着いてしっかりと受け答えすることができました。

 

 

私の場合は全く異なる分野への編入でとても不安でしたが、親身になって相談にも乗ってくれたことで、非常に心の支えとなりました。絶対にこの編入学試験の合格は一人ではかなわなかったと思います。本当に理工個別指導センターに通ってよかったです。

 

面接で聞かれたこと

  • 志望理由

  • なぜ建築学を学びたいと思ったか

  • 将来どんなことがしたいか

  • 好きな建築家は誰か

  • なぜ三重大学なのか

  • 今の大学の建築学科ではダメなのか

 

受験生に一言

応用問題を学習する前に基礎の学習をしっかり行うこと。思っていた以上に解答欄が狭いので、本番を想定して一通り解答をコンパクトに作成する練習を行うこと。

茨城大学 理学部 3年次編入学試験 合格

受験勉強について

私が通っていた大学の教授の一言がきっかけで編入を思い立ちました。茨城大学理学部数学・情報数理コースは、数学と面接のみの試験でした。とはいうものの、編入学試験の8か月前の時点で、大学数学の知識はほぼ0の状態から私の受験勉強が始まりました。暇な時や時間が空いた時などは、図書館などを有効に使っていました。そして毎日親への感謝の気持ちを忘れずに行動をしていました。この塾の授業を受ける前はいろいろな面で不安でしたが、徐々に慣れてくるようになり、先生とワイワイ話をしながら、リラックスした雰囲気で授業を聞くことが出来ました。直接授業を受けているのとあまり変わらない点はよかったと思います。また、近くに編入対策の塾が無くてもパソコンがあれば授業を受けられる点は便利だと思います。

 

試験について

筆記試験

完答は出来たが、あまり自信はなかった。数学の場合どのように解くのか分からなかったとしても、部分点をかせぐ為に使う公式や定義が分かってるなら解答用紙に書くべきだと思います。

 

面接

15分を目安にしていたが、実際は7分くらいで終わった。手ごたえは十分あり、準備してきた全てを発揮出来たと思う。私が受けた大学の面接はラフな感じで面接というより、雑談のような形でした。受験生1名に対して、試験官が3名でした。

 

面接で聞かれたこと

1.志望理由

2.入りたい研究室

3.数学以外で読んでる本はあるか→答えられなかったが、数学系の本なら関数解析の本を読んでると答えたら、「おー」と反応された。しかし、具体的な話をするには定義を正確に証明できるかがポイントになるので、十分に準備しておく必要がある。

4.気になるニュース→情報化社会について詳しく述べた

 

編入を受験する人に一言

編入を目指す学生は、大学の授業と編入学試験の勉強の両立が難しいと思います。また、編入学試験の倍率は高いところが多いです。しかし、隙間時間などを有効に使って、十分に準備して筆記試験と面接で自分のベストを出すことができれば大丈夫です。必ず合格をつかめます。頑張ってください。

立命館大大学院 理工学研究科 機械システム専攻 合格

もしも、入塾前の自分に「お前は立命館大学院に受かるぞ。」と伝えたとすれば、おそらく「なんで僕が立命館に!?」と返したでしょう。

 

当時の自分の学力からしてみればハードルが高すぎて実感もわかなかったため、まるでモチベーションは上がりませんでした。というのも、どれぐらい努力すればいいのかが一切掴めなかったからです。

 

しかし、入塾後に早速入試問題にとりかかった際、僕に足りない知識をピンポイントで教えて頂けたうえ、気になった点や理解できなかった点、或いはふと思いついた「もしもこんな問題が出たら」といったことについても真摯に、また時には楽しく答えてくださいました。問題によっては出題者、参考書著者のセンスに首を傾げる様なこともあり、先生との共感から一つ一つの疑問を解消することを繰り返すことで、自信やモチベに繋がったのは大きな要因だと思います。

 

こうして知識を叩き込み、計算技術を磨いた結果、最終的に「これでならいける!」という自信がつくと同時に「これで無理なら諦めた方がいいだろう。」と割り切れる程やり切った達成感を得られることができました。

 

結果は合格。残念ながら解けなかった問題もありましたが、決して気負うことなく、持てる力の限りを尽くせたことが今回の結果に繋がったと思います。

 

この塾ではたくさんの知識や考え方を教えていただきました。いわゆる理数系の思考を使って問題を解けるか否かの瀬戸際に挑むという、かつての自分が実感していた楽しさを思い出すことができました。これらの考え方は今後の大学院の研究にも生かされると思うと自分の中では一番大きい収穫だったと思います。

​大阪府立大学 生命環境科学域 合格

私は、大阪府立大学 生命環境科学域 緑地環境科学類に合格いたしました。

 

理工個別指導センターに通うことを決めた理由

高3なってから理系科目(特に化学)の勉強には力を入れてきたにもかかわらず9月になっても伸びを感じられなかったことと、自分の分からない箇所を分かるまで質問することができる個別指導の方が私には合っていると感じたことが理由です。

 

授業について

入塾前のメールでの相談と面談で先生が生徒1人1人に合った授業計画を立ててくれます。私の場合は、冬休みまでは化学(主に理論)の基礎レベル・センターレベルの問題集の指定された範囲を家で解き、授業で解説とその分野の理解度をチェックしていました。冬休みからセンター試験前までの直前期は週3~4日通い(普段は週1~2日)、数冊のセンター試験予想問題集を授業で時間を計って解き、解説を聞くという形式でした。センター試験後は二次試験対策(一般入試の前期試験)として、大阪府立大学の過去問を合計約7年分を1年分毎に家で解き授業で解説するという計画で、数学・化学をお願いしていました。結果的に、私は一般入試とは別にセンター試験の点数・推薦書・内申点で合否が決まる推薦入試にも出願しており、推薦入試で合格したので二次試験対策は合格が分かった時点で終了となりました。

 

合格に向けて

入塾前のマーク模試の化学は40点代後半~50点台でしたが、通い始めたのが11月ととても遅かったにも関わらず、センター試験本番には81点にまで上げることができました。その理由として先生に勧めらた基礎レベルの問題集で理解度をチェックし、用語の定義・現象の詳細を説明できるようにしたことがあると思います。このことは基礎レベルでさえ理解が不十分だったところを見直す良いきっかけになりました。冬休みからセンター試験直前の冬期講習では問題を解くことがメインでしたが、授業の最後には基礎事項の確認を先生に手伝っていただきながら行いました。二次試験対策においても、先生は問題の解説だけでなく、解くときに心がけることや多くの問題で使える考え方等、本質的なことまで丁寧に教えてくださいました。ここまで成長できたのも、先生が私の弱点を見抜き、私に合った対策をしてくださったからだと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

saleinfobana.jpg

大学院入試 編入学入試 大学入試 高校入試

体験授業・資料請求・お問い合わせはこちらから

075-591-9001

平日10:00~22:00 土曜10:00~20:00

当センターへのアクセスはこちらへ

編入学・大学院試験(数学・物理・生物・英語)の解答作成します。

編入学試験・大学院入試試験の勉強をしているが、過去問を解いたけど、自分の解答が正しいかどうかを知りたい方へ!​詳しくはこちら​(外部リンク)をご覧ください。

<取り扱い分野>
数学(微分積分・線形代数・微分方程式・確率統計・複素関数・ベクトル関数・フーリエ解析・ラプラス解析)

物理(力学・熱力学・電磁気)

 

生物


工学系専門科目(材料力学・機械力学)

<過去の取り扱い大学>
北海道大学・岩手大学・茨城大学・筑波大学・​お茶の水大学・首都大学東京・東京海洋大学・東京電気通信大学・東京農工大学・千葉大学・新潟大学・長岡技術大学・信州大学・​​岐阜大学・金沢大学・三重大学・名古屋工業大学・京都工芸繊維大学・奈良女子大学・神戸大学・和歌山大学・岡山大学・​山口大学・島根大学・愛媛大学・徳島大学・​佐賀大学・熊本大学​・鹿児島大

上記以外の大学についてもお取り扱いいたします。ご相談ください。

編入の為の数学 過去問は個別指導で|理工個別指導センターは、高校受験・大学受験・編入学試験・大学院試験を目指す人のための基礎学力・応用力・発展力を育む教育機関です。Skype授業も充実。予備校や塾への編入、関西、京都での編入学・大学院受験・大学受験・高校受験 数学・英語専門塾|地下鉄烏丸御池駅から徒歩4分

編入個別相談.jpg

大学院入試 編入学入試 大学入試 高校入試

  • 理工個別指導センター フェイスブックページ
  • 理工個別指導センターTwitter
  • 理工個別指導センターYouTube
  • 理工個別指導センター Pinterest
  • 理工個別指導センターInstagram

​​編入学試験|大学院試験|中高生

コース|通信添削|過去問解答作成依頼

実績|お問い合わせ|お申込み|アクセス

当サイトで配信されている、画像・テキスト・音声・動画などの著作物は著作権法により保護されています。
これらの著作物の複製や、転載、それに準ずる行為を本校に無断で行うことは、著作権法で認められる場合を除き、固く禁じます。

© 2017 by 理工個別指導センター